ご飯

介護の頼もしい味方

介護の頼もしい味方になってくれるのが、栄養のバランスや美味しさ、季節感などを重視して作られているソフト食の宅配サービスです。介護者の負担を軽減するだけではなく、一人暮らしの高齢者や高齢者だけの世帯への見守りサービスとしての役割も果たしています。

食事

高齢者向けの安全な食事

ソフト食は高齢者など噛む力や呑み込む力が健常者よりも弱い人のための食事です。食品を1点ずつミキサーにかけて再成形しているため、外観や風味が大きく損なわれず、しかも力を使わず安全に食べられるという利点があります。

お弁当

高齢者向けの食事を

噛む力や飲み込む力が弱くなっている人はミキサー食などの介護食が与えられることが多くなっていますが、最近増えているのがソフト食です。ソフト食はミキサーにかけただけではなく、その後に成型することで食べやすいというだけではなく見た目でも楽しむことが出来るようになっているのです。

介護士と老人

高齢者向けの食事

高齢になっても元気で過ごすためには栄養をしっかり摂ることが大事ですが、噛む力や飲み込む力が弱っている人は少なくありません。より食べやすくするためにソフト食を用意してあげたいですが、栄養やカロリーはしっかり摂れるものを選んであげることが大切です。

ご飯

摂食嚥下障害がある人でも

摂食嚥下障害を持っている人は今まで通りの食事が出来なくなってしまうことがあります。そういった人向けの介護食の一つがソフト食です。ソフト食は柔らかく食べやすくはなっているものの、見た目は出来る限り元の食材のままにするなど見た目でも楽しむことが出来る介護食となっています。

色鮮やかでおいしい食事

お米

舌でつぶせる柔らかさ

年齢とともに体中が衰えてきて日常生活で自覚することが多々ありますが、噛む力、飲み込む力も確実に衰えているのです。なかなか気づきにくいものですが固いものが食べべにくくなる、水を飲んだだけでもむせることがよくあるこんなことを感じると要注意です。特に介護が必要な人は筋力低下も激しくなり、しっかりものを噛んで食事ができない場合があります。食べられないものが増えバランスのとれた食事ができなくなるとますます体は弱るばかりで、楽しい時間でもある食事がつらい時間になってしまい、やがては嫌になることもあります。作るほうも大変で柔らかいものばかりを選ぶと食べられるものが限られてしまい栄養不足、おいしくない食事、料理が面倒など問題が発生します。そういった不都合は多くの人が感じているものですが対策がないと思っている人も多いのではないでしょうか。やわらかいものでもバランスのとれたおいしい食事ができるように開発されたソフト食というものをご存知でしょうか。ソフト食はおかゆやペースト状のものではなく見た目は普通の食事と同様、食材に形があり色も鮮やかになっていて、食べると舌でつぶせる柔らかさなので高齢者でも安全です。ソフト食はメニューや品数も豊富で毎日食べても飽きない工夫がされていて栄養バランス、カロリー計算もしっかり考えられています。ソフト食は通販で利用でき電子レンジで温めればいつでもおいしい食事ができ食事の不満を解決できます。

Copyright© 2018 高齢者に優しいソフト食とは何か【舌でつぶせる柔らかさ】 All Rights Reserved.